トップ目安箱サイトマップ
アクセント画像

トップ>Hystory

「Hystory」について

「Hystory」とは、Hysteric Blueのプロフィールやバイオグラフィー・ディスコグラフィーを集めたコンテンツです。 ヒスブルファンにとっての「思い出・原点」といったところでしょうか。
言うまでもないと思いますが、「Hysteric」+「History」=「Hystory」ってことですので(笑)

pagetop

プロフィール

Hysteric Blue:
VocalのTama、Drumsのたくや、Guitarのナオキからなる3人組ロックバンド。
「ヒスブル」という略称で呼ばれることが一般的で、ファンの間ではさらに略して「ヒス」などと呼ばれることも。

1997年7月に結成し、大阪城公園前の「城天」で活動を開始。 それと同時期にデモテープを作成し始める。 そのうちの1本が佐久間正英プロデューサーの耳に止まり、 佐久間氏が立ち上げたレーベル「POT ARTIST」の第1弾アーティストとして、1998/10/31にデビュー。

1stSingle『RUSH!』以来、Single14枚、Album5枚、Best Album1枚をリリース。 2ndSingle『春〜spring〜』と4thSingle『なぜ…』が最も代表的だが、それ以外にも様々な名曲を生み出した。

Hysteric Blueの音楽の特徴として挙げられるのが「多様性」だろう。
ポップな曲からロックな曲まで、また恋愛歌から応援歌まで、その楽曲のバラエティーは多岐に渡る。 それは言い換えれば「常に新しい音楽を求めて新天地を開拓する」という姿勢の現れでもある。 また、迫力満点のライブパフォーマンスにも定評があり、ライブアーティストとしての一面も忘れてはならない。

2003/9/23のZepp Osakaライブを以って一旦Hysteric Blueとしての活動を休止していたが、 2004/3/4にナオキが強制わいせつ及び建造物侵入容疑で逮捕されたことを受け、解散。またナオキは2004/4/6に強姦容疑でも再逮捕された。
このような形での解散はファンにとっては非常に残念であるが、 彼らの音楽は今後もファンの心の中に響き続け、今まで同様に様々な力を与えてくれるだろう。

pagetop

バイオグラフィー

ヒスブルの全てのCDリリース・ライブ・その他のイベントについて年代順に並べて、ヒスブルが歩んできた道のりの全てを掲載しています。 →ENTER
また、ツアーに関して日時・場所・セットリストをまとめた「ツアー編」もありますのでそちらもご覧下さい☆ →ENTER

pagetop

ディスコグラフィー

ヒスブルがリリースしたCD・DVD・本などのデータベースです。Archaeopteryxの勝手な超ショートレビュー&関連豆知識までまとめてしまいました(笑)。 →ENTER

pagetop